2018年07月27日

熱中症対策グッズ

熱中症にならない為にも、熱中症の対策はしっかりとしたいものですね。

保冷剤を握っているだけでも十分な対策になりますし、

日傘で直射日光を遮るだけでも違います。


少しでも体温の上昇を抑えるようにすると

上手く対策できます。

ペットボトルを凍らせて持ち歩くのも良いですね。




posted by アサマル at 15:28| Comment(0) | 熱中症対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱中症 下痢

熱中症で下痢になる場合もあります。

暑さのせいで、水分を沢山取らなければならないですが、


一気に摂取された水分を上手く内臓が吸収しきられない場合に

お腹が緩くなってしまいます。


また、熱中症により体の機能が万全ではなくなってしまうので、


腸の働きも弱っている可能性もあります。


悪くなっている食べ物を食べていないのに

下痢になった場合は、こういったこともあります。
ラベル:下痢 熱中症 水分
posted by アサマル at 15:24| Comment(0) | 熱中症 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱中症 食べ物

熱中症対策に効果のある食べ物があります。

その中でも代表的な食べ物は、なんといっても
梅干しではないでしょうか。


梅干しに含まれているクエン酸はエネルギー代謝を促進させるだけでなく
疲労回復の効果もあり、あの酸っぱさが食欲増進にもつながるので
夏場は積極的に取りたい食材です。

posted by アサマル at 08:36| Comment(0) | 熱中症 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

熱中症になったら

熱中症になってしまったら、まずは速やかに

体温を下げる処置をしなければなりません。

同時に水分の補給も行えればいいのですが、

この時に無理に飲ませないように注意してください。

飲めるようになったら飲ませるようにしてください。

首や、わきの下などに保冷剤をあてて

体温をさげるような処置を行ってください。



ラベル:体温 保冷剤
posted by アサマル at 10:57| Comment(0) | 熱中症になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

冬 熱中症

熱中症は、夏の暑い時になるだけではありません。


体の中の水分が不足するとなる症状で、
冬場の乾燥による熱中症の症状もあるようです。


エアコンなどで部屋を暖める際に、空気が乾燥してしまい、
体も知らず知らずのうちに水分が不足する状態に
なってしまうそうです。


冬場もこまめな水分補給が必要ですね。
posted by アサマル at 15:50| Comment(0) | 冬 熱中症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

熱中症 応急処置

熱中症になってしまったら、すぐに体温を下げなければ危険な状態に
陥ってしまいます。

応急処置としては、首などの動脈部に群れタオルや
冷たい保冷剤などをあて、体温を下げる処置を行ってください。


無理に水分補給をさせるのではなく、
まずは体温を下げる処置が重要です。


水分補給その後で、少しづつがベストです。
posted by アサマル at 09:02| 熱中症 応急処置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

熱中症指数

最近は、熱中症の指数が整備されてきて
温度にお応じて水分の補給を促したり

運動や作業の中止の目安に使われています。


感覚的なものではなく、温度で管理できるので
積極的にし数表は活用した方がいいでしょう。

new_wbgt2013Table02_ja.jpg
ラベル:水分 指数 運動
posted by アサマル at 15:44| Comment(0) | 熱中症 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

熱中症対策

熱中症の対策に一番有効なのは、こまめな水分補給です。

これを怠ると、最悪は意識が飛んでしまい死に至る場合があります。


炎天下の元、長時間いなければならない場合は水分の補給を忘れずに
行ってください。



のどが渇いたなと感じた時には、体の水分が足りていない状態なので、
そうなる前に飲むといいでしょう。
posted by アサマル at 14:12| Comment(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

熱中症 頭痛

熱中症により起こる頭痛の原因の多くは、脱水症状によるものがほどんどだそうです。

人間の体は、寝ている間でも500mlの汗をかくといわれています。
知らず知らずのうちに、水分を消費しているものなんですね。

運動などを行い、急激に体内の水分が失われると、自律神経がうまく機能しなくなり、
頭痛が引き起こされるそうです。

対処法としては、こまめな水分補給を心掛ける事と、体をある程度冷やしてあげることで、
症状が落ち着きます。

突然の頭痛になってしまったら、脱水症状による頭痛を疑ってみるもの良いかもしれませんね。


ラベル:脱水症状 運動
posted by アサマル at 10:20| 熱中症 頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

熱中症症状

気温が高い場所に長時間いると体の体温を調節する機能が

狂い、体の中の水分や塩分のバランスが崩れることで

めまいや痙攣、意識障害、頭痛などの症状をまとめて

熱中症と言います。


posted by アサマル at 08:03| Comment(0) | 熱中症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
熱中症」の先頭へ